顔と心の関係

私は、23年間、人の顔に関わる仕事をしてきました。
最近つくづく思いますが、顔=心 であると・・・
言葉は、心と一致していなくとも、ただ言葉として発することが出来ます。
態度も、心と一致していなくとも、態度として現わすことが出来ると思います。
しかし、顔だけは、うそが付けません。
メイクレッスンを通じて、顔をより深く見つめて来た私だから、そう思うのでしょうか・・・
心をオープンにしている時は、自然と目は輝き、肌の艶はよく、キラキラとした表情になります。
少しでも不安や、受け入れなれない事があった時は、微妙に目つきや、口元に出ます。
まばたきの回数・瞳の動き、口もとの動き、口の閉じ方・・
私は、メイクレッスンを通して、人の微妙な変化を感じ取り、
その人の、真の心を感じ取るとるという事を、習得してきたようです。
活き活きとした顔で生きている人と一緒にいる事は、何がなくとも幸せを感じます。私自身もそういう人でありたいと思います。

明日も、活き活きとした顔で生きている人を沢山創る為に、仕事頑張ります!!




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック